キャピキシルは原液で買えないの?

 

こんにちは!

僕はハゲ中年。

独身でコレステロール値で注意を受けたハゲ野郎。

寂しい塊、まめたんです(゚Д゚)ノ

 

 

 

 

今回はこれまで調べてきた「キャピキシル」の原液について

調べてみたいと思います。

だって、原液が手に入ればお得な気がしませんか~(*ノωノ)

 

キャピキシルの原液は手に入るの???

まず、キャピキシルを有名なインターネット百科事典であるウィキペディアで検索してみることにしました。

ウィキペディアにも項目が収録されている信頼性の高い育毛成分です。

そして、ウィキペディアには、以下のように記述されています。

↓↓↓

LUCAS MEYER COSMETICS社(カナダ)で開発された育毛成分。
アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド-3』という

育毛成分によって構成されている。

アカツメクサは、別名レッドクローバーとも呼ばれ、

欧州では伝承薬として受け継がれていた歴史もある。
アカツメクサに含まれるビオカニンA(イソフラボンの一種)は、

男性型脱毛症(AGA)の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を促す、5αリダクターゼに対し、強い抑制力を持っている。
また、アセチルテトラペプチド-3は4種類のアミノ酸により構成されており、

細胞外の超分子構造体である細胞外マトリックスを修復する効果を持っているため、

毛包の構造維持に働きかける。

脱毛を抑えるアカツメクサ花エキス、

育毛環境を整えるアセチルテトラペプチド-3の相乗効果により、

育毛効果は、同じ育毛成分であるミノキシジルの3倍に相当すると言われている。

————————————————————————————————————————–

以上のことが書かれていました。

 

ミノキシジルの3倍もの育毛効果を期待できるキャピキシルですが、

できるなら、濃度は濃いものがいいです(゚Д゚)ノ
原液であれば、どんどん髪が生えてきそうですし、

育毛剤に原液を入れてしまおうとも思って検索しております!!!!!

 

そこで、キャピキシルの原液を探したところ、

C-Plus(シープラス)」という商品が見つかりました。

「キャピキシル原液」と表示されていますが、詳しい説明はありません。
本当に原液なのでしょうか?
ちなみに、シープラスは、楽天市場で販売されていました。

 

シープラスは本当に原液???

楽天市場での販売サイトでは、

以下のような成分表記がありました(゚Д゚)ノ

 

●全成分 

・ BG
・水
・アセチルテトラププチド-3
・アカツメクサ花エキス
・デキストラン

この中の「アセチルテトラププチド-3」と「アカツメクサ花エキス」は、

先ほど説明したとおり、キャピキシルの成分です。
その他の成分は、

アルコールの一種で保湿剤として使用されることが非常に多い「BG」、

血流改善効果のある「デキストラン」という成分が配合され、

加えて「水」が入っています。

ということは、少なくとも水で薄まっているのだと思いますが、

キャピキシルの濃度がどれくらいなのかは不明です。

また、厳密にいうと、原液ではありませんよね(;’∀’)

 

まとめ

いろいろとリサーチしましたが、結局、「キャピキシルの原液」では、

・楽天

・Amazon

・個人輸入代行会社

などなど、探し当てる事はできませんでした。

 

原液がないということになると、

キャピキシルを使用する事は育毛剤経由以外は困難であるという結論に至りました。

 

キャピキシルが配合された育毛剤や育毛ローションは、

ありががいことに何社も販売しておりますし、

自分が気に入った物を選べる状況にあります。

 

 

・価格

・キャピキシルの以外の配合成分

・特典

など、販売サイトやランキングサイトを見比べて、

ご自身が惹かれるキャピキシル配合育毛剤を選ぶ事をオススメします!

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

また、次の記事でお会いできることを楽しみにしています。

 

それでは明るい育毛活!!!(゚Д゚)ノ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です