プロペシアVSキャピキシル!生えるのはどっち!?

こんにちは!

僕はハゲています(;’∀’)

ハゲ脱出のために育毛対策に必死でくらいついている

中年男まめたん。宜しくお願い致します(゚Д゚)ノ

 

今回は、

近年ハゲ業界(発毛・育毛対策業界)で爆発的人気の

天然由来成分「キャピキシル」と、

育毛の王道、巨匠、ハゲの治療薬と言えばで一番最初に名前があがるであろう

医薬品の「プロペシア」。

 

この2つ、どちらに効果があるのか?

ハゲから脱出し、フサフサに生えるのはどちらなのか?

育毛対策NO.1は決まるのか!?

 

まずは、ご存知ない方もいらっしゃると思いますので、

それぞれの効果などをおさらいしていきながら!

ハゲ代表である僕が本気で徹底検証していきたいと思います(゚Д゚)ノ

 

「キャピキシル」の育毛効果はどんなもの???

●キャピキシルの成分は、

・アセチルテトラペプチド-3(成長因子)
・アカツメクサ花エキス(植物エキス)

これらの2つの成分をわかりやすく言い換えますと、

・タンパク質
・イソフラボンの一種

発毛作用のある育毛有効成分です(゚Д゚)ノ

 

 

「プロペシア」の育毛効果はどんなもの???

「プロペシア」は、AGA(男性型脱毛症)の原因である

DHT(ジヒドロテストステロン)を生成するのに必要不可欠な「5α-リダクターゼ」

を阻害することでDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制します。

要は、脱毛を防止してくれる作用ですね(゚Д゚)ノ

 

まとめ

 

「キャピキシル」と「プロペシア」、

この2つはそもそも作用や効果ポイントが異なるものなので、

どちらが優れているという比較対象ではなかったということになりますね(;’∀’)

けれど、

「キャピキシル」と「プロペシア」の2つの作用をまとめますと、

「キャピキシル」で発毛を促し「プロペシア」で抜け毛を抑えるという

育毛対策に重要な2つの役割をを同時に頭皮に与えることができるのです。

これって、最強の育毛法ではないかと思うんです!!!

また、「プロペシア」の成分である植物「ノコギリヤシ」でも可能だと思います。

 

●「ノコギリヤシ」

 

 

 

 

 

「ノコギリヤシ」も「プロペシア」と同じ働き、

抜け毛の原因となる5αリダクターゼを阻害して抜け毛を防いでくれます。

 

「ノコギリヤシ」ですと医薬品ではありませんので、

一般的な薬局などのサプリメントとして手軽に購入することが可能です。

しかも「ノコギリヤシ」は天然成分の植物なので、

先ほどお伝えした「プロペシア」のような副作用はありません。
もちろん「キャピキシル」と併用することが可能で、安全です(゚Д゚)ノ

「キャピキシル」は、発毛促進

「ノコギリヤシ」は、脱毛防止

併用することで育毛をしながら脱毛から守りを固めることがでくるんですね!

 

しかしですね、何故?わざわざ

「ノコギリヤシ」の話を持ち出して併用をおススメしたかと言いますと、

残念ながら「キャピキシル」と「プロペシア」の併用はおすすめしないからです。

 

それは、先ほどお伝えしたように、

「プロペシア」そのものに大きな副作用が存在するからです。

「キャピキシル」は、ミノキシジルの3倍の育毛効果が認められていますが、

ミノキシジルのような危険な副作用は存在しません。

「キャピキシル」には大きな副作用が無いというのが僕たち使用する側にとって、

大きなポイントにもなると思います。

 

何故なら、副作用を考えずに育毛対策をしていれば、

知名度も高く歴史も長い「ミノキシジル」を選ぶのが一般的な考えです。

後発品である「キャピキシル」が爆発的に人気である理由には、

天然由来成分で副作用がないから安心して使用できるというのが

最も大きなメリットになっているのではと思います。

そのため、

「プロペシア」を併用してしますと、副作用の心配がないという

「キャピキシル」の最大のメリットを捨ててしまうことになります。

 

もちろん「プロペシア」をはじめとする医薬品にも絶大な効果はありますし、

副作用が全くでない方も中にはいらっしゃいます。

僕のようにアレルギー体質であったり、心配性気味の方もいらっしゃいますので

ご自身のためになる知識だけもらっちゃって下さいね!

 

さて、最後までお読み下さり、ありがとうございました。

参考になりましたか?(;’∀’)

僕は「併用する」というポイントを上手く利用していきたいと思いました!

 

また次回の記事でお会いできることを楽しみにしています。

それでは!